読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は。」と「シン・ゴジラ」

君の名は。観てきました。よかった。突っ込みどころだらけの映画で、登場人物の行動に不自然な点が多すぎるようにも思ったけど、結局どうでもよくなった。魅力の方が勝ってしまった。勢い余って、嫌いだったシン・ゴジラのことを好きになってしまったほど、よかった。今となっては、君の名は。よりもシン・ゴジラの方が好きかもじれない。
もともと、シン・ゴジラは、嫌い嫌いといいながらも、そのスゴさは十分に認めていたんですよ。ゴジラの造形も素晴らしく、僕の心の怪獣ベストワンに君臨していたビオランテ(第二形態)を引き摺り下ろしてしまったほどだし、ゴジラが天災だった前半部分はマジで最高だった。あの美しい火炎放射の直後、行き場をなくした都民が地下鉄に避難するシーンが挿入される。あれマジで嫌でしたね。「ちょ……押すなよ!」みたいな怒声にリアリティがあった。あれ多分何人か圧死していると思うんです。ゴジラの火に焼かれるのはまだ許せたとしても、地下鉄に追い詰められて圧死するのは嫌すぎる。あそこは本当に怖かった。最恐のゴジラだと思います。素晴らしかった。
ただ、後半はそれほど乗れなかったのです。ゴジラ地震津波ではなく、原子力発電所のたとえになってしまう。で、「日本はまだやれる!」みたいな展開にもなるわけじゃないですか。どうしても引っかかってしまうのは、でも現実はこうじゃなかったし、未だにこうじゃないよね、みたいな気持ちで、凍土壁が結局凍らない、何も良くなっていないのに、日々の生活に埋もれて、何も解決していないのだということを意識することすら少なくなっていく。のに、「日本はまだやれる!」みたいなノリを見ていると、何というかこう、ブックオフの100円棚にいっぱい並んでるじゃないですか、もしミッドウェイ海戦で日本が勝っていれば……みたいな小説。僕はああいうifは恥ずべきものだと思っていたんです。君の名は。を見るまでは。
君の名は。もそういう意味では本当に都合のいい話なんです。それこそ、現実では、どれほど強く願ったとしても、絶対に叶わない、起きてしまったことのとりかえしのつかなさを考えるなら、ほとんど罪深いと言ってもいいような夢なんです。でも、不思議とその嘘を受け入れる気持ちになった。だってそもそもこれフィクションだし、アニメだし。都合のいい、美しい夢を見て、寝て、忘れて、明日からまたクソつまらない仕事に戻るんです。それの何がいけないんですか?
まあ、誰がいけないといったわけでもなくて、自分が自分に禁止していただけなのですが。君の名は。も、シン・ゴジラも、無慈悲な現実なさらされた人間のみる夢で、それがどれほど現実から遠く隔たっていたように見えたとしても、やはりそこには現実に対する人間の抵抗があらわれているのだと思います。君の名は。も海外に持って行くのでしょうし、結構向こうでも受けるのじゃないかと思いますが、ぜひシン・ゴジラも併映してもらいたいですね。