読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おまえの科学を信じるな

これ、僕の勝手な思い込みだったら悪いんだけどさ、たいていの日本人ってやっぱり自分のことを科学的な人間だと思ってるような気がするのよ。はてなでブログなんか書いてるような連中なんてのはとくにそうだよね。で、例えば、アメリカの南部じゃあ未だに学校で進化論を教えないなんてことを聞くとさ、やっぱ極西のド田舎は原理主義者だらけだぜ、なんてことを言って悦に入ったりするわけじゃないですか。
 で、これは前々からずっと思ってんだけどさ。ほんとうは僕らもそんなアメリカンのことをバカにできないんじゃないのって。もっと言えば、僕らだって原理主義者と大差ないっつうか、原理主義者そのものなんじゃないのってことですよ。そりゃあね、我々は宗教よりは近代科学の方が、世界の対してより適切な説明を下しているとは信じていますよ。でも、それはほんとうに自分らの頭で科学的に考えて、納得した結果信じているのかって思うわけ。違う気がするんだよな。そんなに僕らの教育レベルは高くないと思うのよ。そうじゃなかったら、神州7号が捏造だなんだってあんな恥ずかしいことは言い出さないでしょう。
 ぶっちゃけ言うと、おれは科学的ですなんて顔をしてる連中のほとんどは、飛行機がどうして空を飛べるのかってことさえ自分の頭でわかっていないと思うのよ。嘘だと思うなら、いま隣に居る人に飛行機ってどうして空を飛べるのって聞いてみるといいと思うよ。たぶんそいつはわけわかんねーこと言うと思うね。もしかすると、小声で揚力がどうのこうのっていうかもしれないけれど、揚力て何なのって聞くと、そいつの声はさらに聞き取れないほど小さくなっちゃうだろうね。それって、飛行機は神の力で空に浮かんでますなんていうことと本質的に何も変わらないと思うのね。いや、揚力くらい楽勝で説明できるだろって、インテリの皆さんは思うかも知れないけどね、案外みんなわかってないもんよ。
 じゃあ、何でみんな根拠も理解していないのに、科学を信じられるのかって問題が出てくるよね。ぶっちゃけこれは権威しかないでしょ。権威。正しいこと言いそうな奴らが言ってることだから、正しいと。聖書に書いてることは全て正しいっていうようなレベルで、博士の言うことは全て正しいって信じる態度だよね。で、実を言うと、僕はそんな態度でも、科学的な問題についてそれほど判断を誤ることはないんじゃないかって思うのね。科学的な思考が全くできなくとも、現代社会で正しいとされるものが何なのかっていうことさえ知っていれば、とりあえず科学的に振舞うことはできちゃう。
ただ、それは言ってみれば、ただの処世術であって、科学的精神とは何の関係もないんだよね。その程度のレベルで、他所の文化を否定するのは、みっともないし、くだらないことだと思う。なまじ科学というラベルが貼られているもんだから、自分の正当性も疑いもしない。しかし、例え科学者と同じ内容のことを喋っていたとしても、それが呪文のようにただ覚えこんだだけの言葉だったなら、それは本質的には科学ではない。カルトの教義と何も変わらない。たとえそれが正しくてもね。だから僕は、自分の中にある科学なるものは、常に疑ってかかる必要があると思うのだ。それは、ほんとうに科学たりえているか? ただの呪文になってはいないか? そんな風に。ま、僕は文系なので、頭の中にはほとんど呪文しか入っていないのだけれどね。揚力とか超あやしいよ。あ、最後に全然関係ないんだけど、自動販売機の写真を撮ってきたのでアップしておきます。本来、僕は自動販売機ブロガーですからね。
IMGP2086(RAW)
無人駐車場だって、駐車場を使用する権利を自動で販売してるわけだから立派に自動販売機だぜ!