読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱセグウエイやで!!レッツビギンやで!!ポジティブや!!

先週末のことなんですが、ひょんなことから、セグウェイに乗ったんですよ。
これ、さらっと書きましたけどね、「セグウェイ」ですよ!
セ グ ヴェーーーイ!!! 
ヴェーーーーイ!

「21世紀最大の発明」「人間の移動形態を変える革命的な製品」とまで謳われた伝説のマシン、セグウェイ! 三国志で言えば、赤兎とか絶影クラスの伝説級名馬なわけですよこれは! 喜び勇んで飛び乗ってみたら、これがすごい! どういう仕組みかは知らないけど、その場で旋回できるんですよ。くるくる回るんですよ。大の大人がただその場をくるくると回る。超恥ずかしい……。でもね、フルパワー出すと速いんだ。いやごめん、遅いんだけど、想像してたよりはずっと速い。自転車よりは遅い。ついでに言うと段差に弱い。

……まああれだ、正直言ってですね、実用的に考えればですね、セグウェイなんてものは、はっきり言って自転車の足元にも及ばないわけです。でも、これ趣味的な方向にいけば結構面白いんじゃないかなあ。おれは馬上試合やりたいですよ。スポーツチャンバラ的な剣でもって、セグウェイ乗り同士でバトルしたい。真っ赤なセグウェイに赤兎と名づけ、呂布ごっこを楽しみたい。100on100のセグウェイ大戦とかしたい。
そういうスポーツというか、ゲーム的な方向に向かえばね、セグウェイには無限の可能性があると思うんですよ。たぶんだけど、セグウェイはアレ本気出してないですしね。乗っている人間をケガさせないようにってことに技術力が使われてる。機械の方で全部コントロールして、乗ってる人間にはあまり自由に操縦させないようにできてる。そんなね、無事是名馬的なチューニングじゃあね、おれたちは満足できないよって話です。おれたちは的盧に乗りたいんだ!
だから、僕はそういうのを取っ払ったセグウェイtypeRを出して欲しいんですよ。通常の3倍の出力もったセグウェイとかね、いいじゃないですか。はじめて乗ったやつはだいたい骨折るぐらい過激なやつがいい。セグウェイ乗りの格言『セグウェイストは両足折って一人前』、とかね、もう考えただけでわくわくしちゃうなあ。なんかちょっと調べてみたら、セグウェイにはアウトドアモデルでXTってのがあるらしい。もしかして、セグウェイの新時代はすでに始まっているのかもしれないぜ……!?