観光地にて

大桟橋 1

大桟橋 2


幸福そうな人々をみても、さして腹も立たなくなったのはいつからだろう? 
結構なことのようにも思えるのだけど、これこそがきっと最悪の罠なのだ。