読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は、『はがねのつるぎ』を手に入れるまでがいちばん面白い


異論は認めない。だいたいなんだってそうなのだ。「おうじゃのつるぎ」だの「はかいのつるぎ」だのといったような、伝説級の武具。それらは確かに格好いいかもしれない。しかしだ。それらを手に入れたとき、我々の心はほんとうにときめいているだろうか?
だいたい、そんな大層な武器を手に入れたところでだ、我々にはどこにも行くところがないじゃないか。もう地図はほとんど埋め尽くしてしまっているころだし、呪文だってもう「ギガディン」なんて名前の、あからさまに最強くさいものを覚えてしまっていたりする。強力な武器や魔法を手に入れたところで、それを用いて闘う相手などいやしない。せいぜい魔王か、さもなれけばとってつけたような隠しボスが、倦み疲れた我々を接待してくれるだけだ。
もはやそこに冒険はない。
あるのはただ、憂鬱な義務感だけだ。
「はがねのつるぎ」には、そうした重たさはない。その切っ先が指し示す先には、ただただ限りない自由が広がっている。「はがねのつるぎ」さえあれば、平原を越え、アッサラームの街に渡ることができる。それどころか、少し勇気を出せば、砂漠を越え、イシスの都を目指すことだってできるのだ。はがねのつるぎは、実に様々のものを我々に教えてくれた。
例えば、それは、ほんの少しの努力*1で、世界はこんなにも広がっていくのだ、ということであったり、どこまでも広がっていくかのように思えた世界は、やがてちいさくしぼんでいってしまう、ということであったりする。
人生。
我ながら、何てつまらない単語を選んでしまったかと思うが、人生。我々の人生だって、結局は「はがねのつるぎ」と同じようなものだ。やれ、Gスポットだ、ボルチオだとか、くだらないテクニックで頭をいっぱいにしてみても、我々はどうしても粘りつくような空しさに囚われてしまう。これから、何を覚えたところで、はじめて異性のおっぱいに触れたときの、あのよろこびを超えるものなど、この世にありはしないのだ。我々はもう十分にそのことを弁えている。
であれば、もうこれ以上ゲームを進めない、という選択も、当然考慮されて然るべきだろう。「はがねのつるぎ」だけを握りしめ、まだ見ぬポルトガに思いを馳せる。馳せ続ける。そうした生き方がいま最高にク−ルだよね、渋谷109に集うギャルたちもそう言っていたし、僕もそう思う。人生でいちばん楽しい時期を凍結させて、その中だけで生きてゆく。「成長しないって約束じゃん」という理屈だ。

しかし、もちろん、そうすることのできる人間は、それほど多くはない。「はがねのつるぎ」は、誰にでも手に入れることのできる武器だけど、それを輝かせつづけることは案外むずかしい。誰にでもできることじゃない。本邦には、三十年間童貞を守り続けた男は魔法使いになれるという物語が伝えられているけれど、おそらくこれは半分しか正しくない。孤独な生活の中で、それでもなお、はじめてのときめきを心に抱きつづけられたものだけが、魔法を使うことができるのだ。

ネコてさ、飼い主が熟睡してるときに美少女に変身するんだよ。
その変身をみたくて寝てるふりしても、ネコにはバレてる。
ネコには人間の脳波が分かるからね。ウソ寝はばれる。
でも唯一、美少女に変身したネコに会える人たちがいる。
それは「30歳以上の童貞」の人たち。
彼らは美少女に変身したネコたちとエッチしてる
30歳まで童貞だったら魔法使いになれる - 教えて!goo

これこそ、真の魔法だ。子供のころ、僕は魔法を信じていたし、いまも信じている。魔法は、ほんとうにあるんだ。

※関連
疾風の如く、女を語れ! 第一章 川本真琴 - 逆襲のブロガー
ねむりつづけるどうぶつの森
ぜんぶ、KOFのせい - 逆襲のブロガー
ぜんぶ、ストIIのせい - 逆襲のブロガー

*1:「はがねのつるぎ」は、武器屋で購入することができる。基本的に、はがねのつるぎは量産品であって、然るべき対価を払えば誰もが手に入れられる力だ。このことの意味は、決して小さなものではない