読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruins of Aerial railway

写真

IMGP0898

IMGP0917

IMGP0905-3

IMGP0926-3

IMGP0922

IMGP0934

IMGP0938

今となってはもう、廃墟を訪れても何の喜びも感じない。三十近くになってもまだこんなことに興じている自分の愚かさが身に染みるばかりだ。年齢的な問題は置いておいたとしても、あれほど恐ろしい大破壊のあとに、このような呑気な写真が許されるはずもない。

地震のあとに浪江町を闊歩した牛や豚の写真、ロンドン暴動のさなかにAmazon.ukで金属バットがバカ売れしたというニュース、これらをたとえば10年前、ティーンエイジャーだったころの僕が目にしていれば、きっと初めて廃墟に足を踏み入れたときのようにわくわくしていたはずだけれども、サラリーマンとなった今の自分にとっては、ひたすら気を重くさせるだけのニュースでしかない。

今週なんか、ずっと医療保険がん保険の検討をしていたんだぜ。メットライフアリコ東京海上日動、あとは共済系、この辺りがいいんじゃないかと思っているのだけど、なかなか決めることができないでいる。そうまでして生きていたいのか? 自分でもそう思うけれど、そうだね、やっぱり生きていたい。
昨日よりもっと美味い飯が食いたい。とびきりの車に乗ってみたい。チリの氷山をみてみたい。
そんなことはあまり考えられなくなってしまったけれど、少しは考えなくもない。
そうした欲望を抱くことはいけないことなのか? 
金持ちなんて皆、東京湾に叩き込んでしまえばいい。
そう思いながら、己の既得権益は1グラムたりとも奪わせないと心に誓う。
それはそんなに卑しいことなのか?
新卒ボーナスの効果的な運用、それだけで給料を得ることはそんなにも悪いことなのか?
原子力発電には反対なのに、東芝の冷蔵庫を買ってしまった。
というか我が家の家電は結構な割合で東芝なのだが、それは批判されるべきことなのか?
原子力発電には反対なのに、ソフトバンクからauに移行するのは、間違っているのか?
ソフトバンクは900MHZ帯を必ず獲ると、信じていても構わないのか?

おれにはなにひとつわからない。