読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢、ひがし茶屋街

IMGP0678.jpg

IMGP0802-2.jpg

IMGP0738.jpg

IMGP0750.jpg

IMGP0740.jpg

IMGP0723.jpg

IMGP0696.jpg

IMGP0794.jpg

IMGP0781.jpg

IMGP0791.jpg

IMGP0635.jpg

IMGP0746.jpg

ひがし茶屋街ではボランティアらしき男性がお座敷文化のことをいろいろと説明してくれたのだけど、何と言うかこう、独特な雰囲気を持った人だったね。良くいえば貴族的、悪くいえば高慢な感じでさ。「本来であれば一般人は絶対に入ることはできませんよ」ってフレーズを十二秒に一回は話に織りまぜてくるわけよ。おれなんかは、ほら、労働者階級に属する若者だからさ。そういう話をきくとだんだんイライラしてしまったりするわけよ。でも、一方で、「もし家を建てることがあったら、この中庭の造りはぜひとも真似したいもんだなあ……」なんていうプチ・ブル的な心性を発揮してしまったりもして。
そんな日和った態度をプロレタリアートとしてのおれは許さないよね、当然。貧乏人が金持ちの文化に憧れたって空しいだけやろ的なことまでいいだしはじめるわけよ。そしたら、小市民のおれもさ、綺麗なもんを綺麗と言って何が悪いんやって反論するしね。お互い一歩も引き下がらないわけ。頭の中で突如としてはじまった階級闘争に、おれは完全に引き裂かれてしまって……。引き裂かれたまま、和菓子食って抹茶すすって帰ってきたんだけど、やっぱり疲れてるときに甘いもの食べると頭がすっきりしていいね。脱糖質の人はそんなのまやかしだっていうけど、実感としてはほんとうなんだよ。