読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変身のニュース

漫画 逆襲の感想文

僕の本棚は小さい。東京ほどではないにしても、横浜の家賃は十分すぎるほど高いので、僕の稼ぎではごくわずかなスペースを維持するのが精いっぱいなのだ。
ほんとうは、僕の家にやってきた全ての本に、彼らが全力で駆け回れるような大平原を与えてやりたい。どんなにつまらない本にも、何の心配もなくくつろげるような長い海岸線を与えてやりたい。しかし、そんなことはもとより無理な話なのだ。現実では……。ちょっとやそっと面白いぐらいの本は、早々に本棚を追い出され、ブックオフに売り払われることになってしまう。
可哀想だとは思うけれど、仕方がないことだ。
そんな僕の本棚に、即座に特等席を用意させてしまうような、とんでもないルーキーがあらわれた。

変身のニュース (モーニング KC)

変身のニュース (モーニング KC)

2012年の漫画! - イチニクス遊覧日記

「変身のニュース」を読んだのは、id:ichinicsさんが2012年の漫画ランキングの1位に選んでいたからなんだけども、この漫画はたやすく僕の2012年ベストの座を勝ち取ってしまった。なんなら、2013年のベストでもいい。いやいや、2014年でもベストかもしれないぞ。そんな予感を抱かせるほどに、この漫画は最高だった。完璧な作品!というわけでは全くない。ちょっとこれは安易なんじゃないの、って感じられるようなとこも少なくない。
けれども、第七話「成人ボム 夏の日」で描かれた青空の美しさにノックアウトされてしまえば、「これはダサくないかなあ……」なんて感じていたところさえもが愛おしく、これ以外は考えられない!という唯一無二の表現に思えてくるから不思議なものだ。第六話「娘の計画」は、まあどうってことのない話なんだけども、途中でふっとカメラが離れていくような終わり方がすばらしい。女の子がかわいい。というよりも、この一編はそれ自体がかわいさの結晶である。第一話「赤星くん」も、「成人ボム 夏の日」と同じく、恋に落ちる瞬間の描写の胸キュン力が半端ない。女の子がかわいい。思春期の成長痛で眠れなかった夜を思い出して、三十路のおっさんまでも眠れなくなってしまうような、不思議な気配が全編に満ちていて、読むだけで十年は若返るような気がする。