読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壁より卵派だといわれた春樹がよ

http://www.welluneednt.com/entry/2015/01/23/113600
正直、失望しました。確かに、「せっかくの勇気が」というタイトルを読むだけでも、この35歳が返事をもらえなかった理由がよくわかるし、文章のどこを切り取ってもイライラするし、彼を擁護する余地はほとんどないのは確かですがね、それとはまた別の問題として、ここでの春樹サンはカッコ悪いですよ。ものすごく冷たい。ありえないほど嫌味。何度読み返しても我が事のように腹が立ちます。何が「世の中にはもっともっと悲痛なことがいっぱいあります」ですか。そンな事は誰だって知ってますよ。おれも去年は嫌というほどそれを思い知らされましたよ。35歳の彼だってそんなことは知っちゃいるだろうし、だからこそあえて軽い話を持ってきたんじゃないンですか。とるに足らないといえばとるに足らないけれど、小さくとも確実に悲しい……。あなたがよく言う「小確幸」の逆バージョンがやりたかったわけじゃないですか、この人は。この35歳がほんとうに「悲痛なこと」を書いてきたら、それはそれでめっちゃ痛い人扱いされるのが世間じゃないですか。「人生というものをわかっている」態度からはいっそう遠ざかるわけじゃないですか。
 だいたいが、冷たいなら冷たいで、嫌味な嫌味で構わないわけですよ、おれは。村上春樹の作品には、冷たくて嫌味で、でも魅力的な人がいっぱい出てくるじゃないですか。おれはファミリー・アフェアのお兄ちゃんが好きでしたよ。でも、この相談での春樹サンは、田舎の中学校の学年主任みたいです。つまらない説教はよしてくださいよ。これがコミットメントってヤツなら、おれは悲しいです。春樹三巨頭*1で一番の大物といわれた春樹サンには、いつまでもクールにキメていて欲しい。最近の春樹サン、やっぱどっか変ですよ。ふかえりって何なンですかあれは? 綿矢りさ先生をモデルにしたキャラクターを描くンなら、もっとエッジのきいた美少女にしてくれなきゃ困ります。

*1:角川・鰐淵・村上